忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イエイヌが肉食のオオカミから人間の残飯を食べる家畜へと進化したのは、でんぷんを豊富に含んだ食事を消化できるよう遺伝子が変化したためだとする研究結果が23日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

スウェーデン、ノルウェー、米国の共同研究チームが、イエイヌ14品種60匹と、世界各地から集めたオオカミ12匹の遺伝子コードを比較したところ、複数の明確な違いがあったという。



論文の共同執筆者であるスウェーデン・ウプサラ大学(Uppsala University)のエリック・アクセルソン氏は、AFPの電子メール取材に「イヌの消化器系がわれわれ人間の食事に似たものを食べられるよう適応したことを示す発見だ」と説明した。



これまでの研究では、イヌの家畜化が始まったのはオオカミが人間の居住地域の近くで残飯をあさり始めたことがきっかけだと考えられている。

イヌは推定7000~3万年前にオオカミから枝分かれしたとされる。



「われわれは(進化の)謎を解く全く新しいカギを発見した。
それは、イヌがより効果的なでんぷん消化能力を持っているということだ」とアクセルソン氏は述べた。

これは、残飯を消化できるようになったオオカミだけがイヌの祖先に進化して生き延びた可能性を示しているほか、「イヌの家畜化が農業の発展と同時期に進んだことも示唆している」という。

【2013年1月24日 AFP】より←HPへ



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

これが発表された時は驚きました。
最近流行となっていた穀物不使用のグレインフリーが良いという考えを覆す研究結果となったのです。
記事の中には、犬がオオカミと違い友好的(社交的)であることも、その遺伝子に関連することも述べられていました。
犬がペット(愛玩動物)であればむしろデンプンは不可欠であるともいえるのです。

半年前の記事ですが、まだ知らない方もいらっしゃるので書き込みしました。(^^)/

PR
犬の人間年齢目安です。
小型犬が15年目の時に、大型犬の10年目とだいたい同じ年齢になります。

生後    小型犬 中型犬 大型犬
1ヶ月目   1歳   1歳
2ヶ月目   3歳   3歳   1歳
3ヶ月目   5歳   5歳   2歳
6ヶ月目   9歳   9歳   6歳
9ヵ月目   13歳  12歳  8歳
1年目    17歳  16歳  12歳
1年半目   20歳  19歳  16歳   
2年目    24歳  23歳  19歳
3年目    28歳  28歳  26歳
4年目    32歳  33歳  33歳
5年目    36歳  38歳  40歳
6年目    40歳  43歳  47歳
7年目    44歳  48歳  54歳
8年目    48歳  53歳  61歳
9年目    52歳  58歳  68歳
10年目   56歳  63歳  75歳
11年目   60歳  68歳  82歳
12年目   64歳  73歳  89歳
13年目   68歳  78歳  96歳
14年目   72歳  83歳  103歳
15年目   76歳  88歳  110歳
16年目   80歳  93歳  117歳
17年目   84歳  98歳  124歳
18年目   88歳 103歳  131歳
19年目   92歳 108歳  138歳
20年目   96歳 113歳  145歳
現在、日本の犬の3割は肥満犬だと言われています。
肥満によっていろいろな病気にかかる可能性があり、亡くなってしまう事もあります。

肥満の原因は…
加齢、避妊去勢、腫瘍などの病気などからもありますが、ほとんどの原因は食べ過ぎ、そして運動不足によるものです。
これは、飼主さんの管理の問題です。

肥満により…
心臓病、関節炎、脱臼、椎間板ヘルニア、糖尿病、免疫力の低下、皮膚トラブル、ホルモンのバランスが崩れる、毛が抜ける、便秘、呼吸器系の病気などにかかる可能性があります。

体全体に血液を送り出す心臓は、負担がかかり、肥大し、老化も早くなります!!

心臓が悪くなると、散歩に行きたがらなかったり、疲れやすかったり、咳、失神やてんかん、チアノーゼ、肺水腫などをおこすようになります。

チアノーゼとは、 血液中の酸素が著しく不足した事によって、唇が青~青紫色に変色する事を言います。
これは命に関わります。

肺水腫とは、肺に水が溜まり咳が出ます。
軽いものであれば自然と完治する事もありますが、
ひどくなるとゴボッゴボッと、水をふくんで出たような咳に。
苦しそうで、見てられません。


★肥満になり、咳が出てきたら、まず心臓病を疑ってください★

肥満犬は、かなり深刻な問題なのですが、飼主さんは、その深刻さに気がついていない方が多いような気がします。


★例えば……★

肥満→心臓病→肺水腫→死

亡くなってしまう。までいくのは、小型犬の方が多いような気がします。

そうならない為にも…

★肥満の子を痩せさせるためには★

●間食を一切やめる!!!
●毎日運動をさせる!!!
●ご飯の量を8割にする!!!
(ダイエットフードだけでは成功した例を1度も聞いた事がない為、期待出来ません)


写真は、ダイエット成功中のアンズ、りんご♪
ウエストが、くびれてきました。(^-^)v
10歳半です。

毎日、元気いっぱいボール投げをしています。
いまだにまだ子供ですか?っと聞かれます。
ストレスを溜めさせないのも、健康を保つ秘訣ですね。

愛犬を長生きさせてあげてください。(*^^*)/




お引き渡し時には、良い子に育つために、2~3時間ほど躾等のお話をさせていただいております。
今まで犬を飼われていた方も、初めて知ることも多いようです。

その中のほんの一部ですが…

躾の仕方は、体の大きさや犬種などによって異なると思います。

トイプードルの躾では、絶対に叩いてはいけません。
叩いてしまうと、人間に対して臆病な性格になります。
これは、生活とともに、少しづつ変わっていきます。

叩くと、手が怖くなります。
ちょっと手を掲げたりするだけで、ビクビクしたり、かがんだり…。
叩かれている子は、態度からすぐにわかります。

体罰は、信頼関係をうまく築きあげられません。
いつも飼い主の目を気にしながら、ちょっとした物音でも、怖がるようになります。

トリミング時に、怒ったり、叩いたりする行為は何度も見たことがあります。
自分の靴を脱いで、頭を叩いている方もいました。本当にガッカリします。
こういう行為でも、人間が苦手になります。


もうひとつ、無視について。

最近よくご相談されるのが、(友達が…)(獣医さんが…)(ネットで)【無視しなさい】と言われました。でも治りません。どうしたら良いでしょう…。
とのこと。
なんに対しても、無視しなさい。…言う側は、簡単です。

これは、仔犬に対して使うものではありません。
まだ信頼関係の出来ていない仔犬に使っても、まったく本人はわかりません。効果はゼロです。

それより、毎日社会勉強をさせなくてはいけない大事な時期に、無視を続けるなんて、もったいない。というか、良い子には育たないです。

成犬の子に使いますが、それは性格により使い分けます。
誰にでも使うわけではありません。
普段からあまり接触のない子に使っても、効果はないです。

私の躾方では、一度もしたことがありません。
それを言う方の無責任さを感じますね…。


私は、犬は犬らしさを失わずに、人間も犬も大好きで、明るく、素直で良い子に育って欲しいな。といつも思っています。
一番、幸せな事は、飼い主さんに愛されることですネ♪

写真は、オーナー様を受付しております、ラムと、アルトの子。
人間も犬も大好きな、とても性格の良いレッドの可愛い~男の子です。
お顔も可愛い~です。

人を見ると、シッポフリフリ~ウキウキ~ダッコして~と、愛想よくしますので、モテモテになること間違いないです。
お気軽にお問い合わせください。(^-^)/







最近、我が家のアイリッシュセターのレオナルド14歳は、ドッグフード類、お肉類、どんなに工夫しても何も食べない日が、1ヶ月間も続きました。
13歳半までは、とても食いしん坊な子だったのが嘘のようです。

食事は、小さめ卵型のおだんごにして、喉の奥に入れます。
嫌がらないので、上下関係が出来ていて、本当に良かった。と感じています。

ビィ・ナチュラルさんから、パウダータイプのドッグフード(パピーからシニアまで)出ていますので、そのままぬるま湯かければ、すぐに固まります。

ドッグフードを固めるつなぎとしても使えて、ふやらかす必要がない為、とても便利ですヨ♪
割合は、1対1でちょうど良い感じです。
とても助かっています。

ようやく、2日前から、食欲が出てくれたみたいで、ドッグフードを食べてくれるようになりました。(*^^*)/

レオ、14歳と4ヶ月。
お散歩も元気に行っています。
頑張ってます。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新CM
プロフィール
HN:
RIE
性別:
女性
職業:
ショップオーナー、トリマー、ブリーダー
自己紹介:
犬が大好きなブリーダーです。
アイリッシュ・セター、トイプードル、スタンダードプードル。
ドッグショーにも挑戦しています。
繁殖は、お顔の可愛さ、性格の良さにこだわりを持っています。
人間が大好き。犬も大好きな子に育つよう、アドバイスもさせて頂いております。
遺伝性疾患についても、積極的に検査を受けています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/10)
(01/11)
(01/13)
(01/13)
(01/13)
(01/13)
(01/13)
(01/13)
(01/13)
(01/20)
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん